悩む男性

人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム

労務管理を効率的に行えるシステムを導入しよう

サムズアップ

会社で働く従業員の全ての労務管理や勤怠管理は人事部の仕事となっています。しかし、人事部に在籍している従業員の数は限られており、その中で日々増えていく業務をさばいていかなければいけません。また、入社や退社などの人の移動があるたびにさまざまな手続きを行う必要があり、人事部の負担は増え続けていきます。
そうなると業務も滞りがちになり、職場環境や従業員の満足度なども悪化してしまいます。人事部のスタッフの負担を減らし全体の労務関係の業務を効率化させるために、勤怠管理システムを導入してみてはいかがでしょうか。このシステムを導入すれば、全従業員の労務管理及び勤怠管理が一括で行え、人事部の仕事量が減らせるだけでなく、人の動きや業務の流れが一目で把握できます。
また、ICカードによる打刻で勤怠管理を行うので、勤務時間がデータとして残ります。面倒な給与計算の必要もなくなり、必要な時に必要なデータをすぐに抽出することができます。それだけではなく、勤怠管理システムは全従業員が自分で休暇や早退などの各種申請野手続きができるようになっています。
人事部が手続きを担当していた場合は、何日も前から申請しなければいけなかったり、申請が通るまで時間が掛かったりしましたが、このシステムを介せばすぐに手続きが完了できます。

タイムリーな労務管理でコンプライアンス強化を図ろう

近年、企業ではコンプライアンス遵守が特に求められ、人事労務における勤怠管理もその一つです。時間外勤務が増加すると、法令違反になるだけでなく給与未払いが発生するのは企業イメージの低下に繋がります。しかし、月末に各部門から勤務データが提出され集計するといった場合、コンプライアンス違反の発覚が遅れてしまいます。タイムリーな勤怠管理を行うのであれば、勤怠管理システムを導入しましょう。
勤怠管理システムなら勤務時間のデータはタイムリーに人事労務部門に送られます。さらに勤務時間が労働組合と合意している36協定を超えそうになる前に労務管理部門だけでなく、所属長そして社員本人にアラート通知されるため、勤怠管理におけるコンプライアンス違反を未然に防止することが可能になります。
また、2019年度からは有給休暇の最低取得日数も定められ、取得状況が低調な部門や社員を速やかに抽出することができ、所属長に改善を求めることができます。そのほかにも、労務管理部門では月末や月初めに集計作業を行う必要がなくなり、経理部門に対して人件費データを短時間のうちに提出することができます。人事労務管理だけでなく、各部門との連携強化、コンプライアンス強化を図れる勤怠管理システムを導入して社内の全体最適化を推進しましょう。

労務管理システムで手間と時間がかかるシフト作成を効率化

パートやアルバイトの多い飲食業や製造業において悩ましいのが、毎月の勤務スケジュールを検討する業務です。契約条件の勤務日数や休日、勤務時間で勤務スケジュール作成なら手間や時間はかからないものの、有給の休暇の希望や時間外勤務の状態を実際には反映する必要があります。しかし、小規模なお店の場合、人事・労務に人員やお金を割けないところも多いはずです。それなら人員やお金をかけずに済む勤怠管理システムを導入して人事・労務の問題を解決してみませんか?
勤怠管理システムは人事・労務管理業務における、勤怠管理や給与清算、住民税計算などが効率化されるだけでなく、勤務スケジュールも自動作成してくれます。パートやアルバイト、社員からの有給休暇申請の情報を自動的に反映してくれます。また、製造業であれば生産計画に基づく人員配置を考慮しやすいだけでなく、生産計画が低調となる場合は有給休暇の取得推進につなげることもできます。
さらに最新の勤怠管理システムはクラウド型のものも増え、社内に設置されたパソコンからの申請だけでなく、スマートフォンを利用して社外からの申請も行うことが可能になります。労務管理専用のパソコン設置が不要となるだけでなく、パートやアルバイトが多い職場においては手続きの効率化も進めることができ、勤務スケジュールの作成タイミングを早めることができます。そのほかにも、労働力不足の際にも素早く手当てが可能になります。

choices post

勤怠管理システムの追加機能で旅費精算も簡単にできる

労務管理部門では、勤怠管理や給与計算などさまざまな業務があります。中でも労力がかかる…

勤怠管理システムで集計データを可視化しよう

企業において、勤怠管理により労務時間の管理、時間外時間の把握、有給休暇の取得状況を把…

社外業務の多い建設業の勤怠管理にも対応できる労務管理システム

社外での業務が多い業種として、建設業や請負サービス業があります。これらの業種において…

勤怠管理システムがあれば労務管理部門のコスト低減が可能

企業において経常利益をアップするため、さまざまな対策を講じます。しかし、労務管理部門…

News

Site map

Copyright © 2020 人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム All Rights Reserved.