悩む男性

人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム

勤怠管理システムで集計データを可視化しよう

企業において、勤怠管理により労務時間の管理、時間外時間の把握、有給休暇の取得状況を把握することは必要不可欠な業務です。最近では、勤怠管理システムを導入することで、管理業務の効率化や各種計算の自動化を図ることができます。しかし、労務管理部門に対し経営層からデータの分析を求められることは少なくはありません。しかし、ただ集計分析しても数値では判断できないことも多く、ビジュアル化により定性的な見解を求められることもあります。
しかし、勤怠管理システムでは集計したデータを数値だけでなく、自動でグラフ化することができ、残業時間が多い部門、部門ごとの有給取得状況を図として並べることができ、業務負荷のバランスを評価することができます。また、労務管理部門においても、業務負荷が繁忙となるタイミングを分析することができ、社内における一時的な応援対応が可能かを判断することも可能になります。
分析結果をビジュアル化することで、経営会議などの報告資料の完成度を高められます。また、ビジュアル化したデータを社内公開することで各部門長が自部門における問題を把握でき、有給取得率の向上に積極的に取り組んでもらえるきっかけを与えられます。まずは勤怠管理システムは分析機能が充実したものを導入しましょう。

choices post

勤怠管理システムの追加機能で旅費精算も簡単にできる

労務管理部門では、勤怠管理や給与計算などさまざまな業務があります。中でも労力がかかる…

勤怠管理システムで集計データを可視化しよう

企業において、勤怠管理により労務時間の管理、時間外時間の把握、有給休暇の取得状況を把…

社外業務の多い建設業の勤怠管理にも対応できる労務管理システム

社外での業務が多い業種として、建設業や請負サービス業があります。これらの業種において…

勤怠管理システムがあれば労務管理部門のコスト低減が可能

企業において経常利益をアップするため、さまざまな対策を講じます。しかし、労務管理部門…

News

Site map

Copyright © 2020 人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム All Rights Reserved.