悩む男性

人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム

社外業務の多い建設業の勤怠管理にも対応できる労務管理システム

社外での業務が多い業種として、建設業や請負サービス業があります。これらの業種において問題となるのが労務管理における勤怠管理や原価管理があります。勤怠管理が月末に集中してしまうことで労務管理の負荷が増えるだけでなく、月次決算を行い工事原価を仕掛工事として管理する会社では経理部門の負担も増えます。そこで、社外からでも使用できる勤怠管理システムを導入してみませんか?
今では、モバイル通信だけでなくシステムのクラウド化が進んでおり、勤怠管理もスマートフォンやタブレットを利用して、クラウド管理ができます。リアルタイムでの人件費管理が可能となり、日々発生する工事原価を管理できるだけでなく、工事原価が予算を超過しそうな場合には素早く対応でき、工事利益を減少させることもありません。
また、工事現場が増えても社員個人のスマートフォンを利用することができるなど、社員が多くても勤怠管理の登録に時間を費やすこともありません。集計自体もシステムが自動的に行うため、各工事現場に管理担当者を配置することがなくなり、無駄な人件費を根本から削減することも可能です。そのほか、残業申請や休暇申請なども行えるだけでなく、休暇申請の情報からシフト編成も自動的に行うことができ、工事業務の効率低下を抑制することもできます。

choices post

勤怠管理システムの追加機能で旅費精算も簡単にできる

労務管理部門では、勤怠管理や給与計算などさまざまな業務があります。中でも労力がかかる…

勤怠管理システムで集計データを可視化しよう

企業において、勤怠管理により労務時間の管理、時間外時間の把握、有給休暇の取得状況を把…

社外業務の多い建設業の勤怠管理にも対応できる労務管理システム

社外での業務が多い業種として、建設業や請負サービス業があります。これらの業種において…

勤怠管理システムがあれば労務管理部門のコスト低減が可能

企業において経常利益をアップするため、さまざまな対策を講じます。しかし、労務管理部門…

News

Site map

Copyright © 2020 人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム All Rights Reserved.