悩む男性

人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム

勤怠管理システムの追加機能で旅費精算も簡単にできる

労務管理部門では、勤怠管理や給与計算などさまざまな業務があります。中でも労力がかかる業務として、出張の多い社員の勤怠管理です。出張の場合、社内のように出退勤時間を管理できないという問題のほか、旅費や各種追給の計算も必要になります。しかし、勤怠管理システムを導入し、旅費精算機能を追加すれば大幅な業務効率化を図れる可能性があります。
今では、交通費の支払は交通系ICを利用することができ、勤怠管理システムでは交通系ICを利用した出退勤時間の打刻のほか、交通費の利用状況を読み取ることも可能です。この機能を利用することで社員自身は旅費精算の入力作業を効率化でき、労務管理部門が登録したマスター情報を基に宿泊費補助や日当、早出遅出の加給も自動化することができます。
結果、労務管理部門ではチェック作業の業務負荷が軽減されます。また、近年では社内におけるキャッシュレス精算を導入するケースも多く、過不足額を給与支給と同時に行うことが可能となり、支払業務の効率化や振込手数料の抑制にも繋がります。さらに公共交通機関の料金も勤怠管理システムに登録された情報を基にするため、交通費の妥当性検証も容易になり、社員の不正な請求を未然防止できます。

choices post

勤怠管理システムの追加機能で旅費精算も簡単にできる

労務管理部門では、勤怠管理や給与計算などさまざまな業務があります。中でも労力がかかる…

勤怠管理システムで集計データを可視化しよう

企業において、勤怠管理により労務時間の管理、時間外時間の把握、有給休暇の取得状況を把…

社外業務の多い建設業の勤怠管理にも対応できる労務管理システム

社外での業務が多い業種として、建設業や請負サービス業があります。これらの業種において…

勤怠管理システムがあれば労務管理部門のコスト低減が可能

企業において経常利益をアップするため、さまざまな対策を講じます。しかし、労務管理部門…

News

Site map

Copyright © 2020 人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム All Rights Reserved.