悩む男性

人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム

勤怠管理システムがあれば労務管理部門のコスト低減が可能

企業において経常利益をアップするため、さまざまな対策を講じます。しかし、労務管理部門におけるコスト低減は業務効率化や事務用品の購入費軽減といったものばかりで、なかなか目に見えた効果が得られないとして長年放置されていませんか?そこで勤怠管理システムを導入し、労務管理にかかるコスト低減を行いませんか?
勤怠管理システムを導入することで、これまで手間や時間がかかっていた各種計算が自動化され、人員配置を見直すことができます。また、これまで実績だけとなっていた勤怠管理から人員が不足し、残業時間が増大している部門の分析洗い出しが可能となり、部門外におけるコスト低減が可能になります。
さらに勤怠管理システムは、労務管理部門以外における労務管理業務をも効率化することができ、製造業などでは製品コストに直結する変動人件費の抑制、固定費部門の人件費見直しなどトータル的な改善が可能になります。労務管理部門が数人しかおらず、改善効果が限定されるということはなくなり、会社の経常利益に大きな貢献につながる可能性もあります。
また、健康保険や雇用保険が電子申請できるなど膨大な提出書類を社内から回収することもなくなり、提出状況をシステムでリアルタイム確認できるなど提出漏れに早期に対応することも可能になります。

choices post

勤怠管理システムの追加機能で旅費精算も簡単にできる

労務管理部門では、勤怠管理や給与計算などさまざまな業務があります。中でも労力がかかる…

勤怠管理システムで集計データを可視化しよう

企業において、勤怠管理により労務時間の管理、時間外時間の把握、有給休暇の取得状況を把…

社外業務の多い建設業の勤怠管理にも対応できる労務管理システム

社外での業務が多い業種として、建設業や請負サービス業があります。これらの業種において…

勤怠管理システムがあれば労務管理部門のコスト低減が可能

企業において経常利益をアップするため、さまざまな対策を講じます。しかし、労務管理部門…

News

Site map

Copyright © 2020 人事部の業務負担を劇的に改善してくれる労務管理システム All Rights Reserved.